顧客が思わず読みたくなるメールを送る6つの法則~Step. 5 ~

By: Maria Elena

By: Maria Elena

前回は「6 Ways To Send Emails Your Customers Will Love(顧客が思わず読みたくなるメールを送る6つの法則」のなかから、Step. 4としてA / Bテストの実施をテーマにご紹介してきました。

今回はStep. 5をご紹介します。

メールの文章はシンプルなものにしよう

先週、Ryan Hoover(ライヤン・フーバー)氏が、Email First Startupsでメールを活用するためのセオリーについて素晴らしい記事をシェアしてくれました。
彼はメールがビジネスを軌道に乗せるための、いかに素晴らしい手段であるかをたくさん紹介してくれています。

メールは伝わりやすく、簡潔なものにしよう。
要点を得たメールを書くことに集中しない限り、読者の注意をひくことは難しいでしょう。
ライヤンはビジネスをはじめるための文章(記事)におけるメールのコンテンツのあり方について説明していますが、ビジネスに関するメールだけではなく、あなたが送るいかなるメールにも同じことが当てはまります。

キャッチコピーをシンプルにし、記事を書くためにたくさんの時間を費やしましょう。
その際、あなたのビジネスと関係のある顧客と今、どのステップにいるのかを踏まえましょう。

新しいキャンペーン・メールについて書くとき(もしくは何かしらのコンテンツを共有するとき)に、あなたの心に問うべき4つのステップについて紹介しましょう。

  1. この記事、読みたいと思う?
    これは本当に重要なポイントです。
    自分が書いた記事を読みなおすとき、常に考えてみてください。
    「先を読んでみたい?」「これ以上、読みたくない?」
  2. 文章に語りかけられているように感じる?
    トーン(ここでは、コーポレート・イメージにあった温度感での文章作成という意味合いが強いと思われる)をマスターすることは、とても困難です。
    自分自身を見つめなおし、顧客とビジネスを正しく理解するために「内なる声」を認識する必要があります。
    あなたの文章は、読む者に「素晴らしい」と尊敬の念を与えることができるか、プロフェッショナルであるか、文章のロジックに一貫性はあるか、常に確認し続けなければいけません。
  3. もっと短くできんじゃない?
    多くの人たちは同じことを繰り返したり、たくさんのことを書きすぎたりする悪い癖があります。
    長文自体は全く悪くない(コンバージョン率がより良いこともしばしば)ですが、デフォルト(『初めてあなたのメールを読む人』が文脈的に正しいと思われる)の状態では、さほどいい影響(読みたいという気持ち)を与えません。
    必要に応じて、作成した文章を誰かに読んでもらい、文章を短くできるということを証明してもらおう。
    文章はもっと短くできるはず!
  4. CATを設定できてる?
    メールを送る際に考えるべきことはCATです。
    CATについて簡単に紹介しましょう。

CTAは「Call To Action」の略。日本語の意味としては「行動喚起」といったところ。

Webサイトで訪問者を、とってもらいたい行動に誘導することを意味し、多くの場合はボタンやリンクの形で表示される。

たとえば、資料請求をしてもらうことが目的のサイトであれば、「いますぐ資料請求をする」「無料で3日以内に届く資料を取り寄せる」といったボタンで、ユーザーを資料請求ページへ誘導するのがCTAとなる。

参照元:『CATとは』/ Web担当者Forum

メール本文の中に一つだけクリックボタンを設けてみよう。購入ボタンや商品ページへのクリックボタンは、たくさん付けるのはタブーです。シンプルに、わかりやすく。あなたが購入させたい商品へ顧客を確実に誘導していこう。

まとめ

メールを送る前にしっかりメールを見直そう!
一貫性のある、良く書かれた文章(じっくり時間をかけたもの)を作成し、1つのメールに1つだけ購入ボタンを入れて、CTAを繰り返そう。

それでは最終ステップの「顧客が思わず読みたくなるメールを送る6つの法則~Step. 6~」にてお会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イヌちゃん

イヌちゃん新米研究員

投稿者プロフィール

株式会社コンビーズで総務を担当しているが、ひょんなことからメールプロモーション研究所にて海外のメール販促記事を翻訳することに。
普段は採用や各部門のお手伝いなど、バックオフィス的なことを行っている。
富士登山やスカイダイビングなど、こう見えてアウトドア派(イヌだけに)。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. By: Polycart

    2016-10-28

    まずは自動メールから改善せよ!ネットショップおもてなし向上委員会 後半:改善のポイントを押さえ、応用する

    ネットショップのイメージアップを図って、リピーターを増やすためのこのシリーズ。 前半ではお買い物の…
  2. By: Polycart

    2016-9-30

    まずは自動メールから改善せよ!ネットショップおもてなし向上委員会 前編:メールの種類を把握する

    1.送信範囲がここまで違う、お買い物時メールの重要性 ネットでお買い物をした後って、理想的な商…
  3. By: tec_estromberg

    2015-7-31

    オープンDMPとプライベートDMPの違いってなんだ?|5分でわかるDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム) Vol.01

    ネットマーケティング界隈で近年よく耳にする単語、DMP。ぼんやりイメージはあるけど実際のところどんな…
  4. By: Maria Elena

    2015-5-8

    顧客が思わず読みたくなるメールを送る6つの法則~Step. 5 ~

    前回は「6 Ways To Send Emails Your Customers Will Love…
  5. By: FromSandToGlass

    2015-3-31

    あなたのメールをランクアップさせる秘訣 Vol.1 「親しみやすさ」で長く読んでもらえるメールを作る!

    いつものメールを読者にとっての「読む価値のあるメール」にランクアップさせるテクニックを紹介していきま…

ピックアップ記事

  1. By: Polycart
    ネットショップのイメージアップを図って、リピーターを増やすためのこのシリーズ。 前半ではお買い物の…
  2. By: Polycart
    1.送信範囲がここまで違う、お買い物時メールの重要性 ネットでお買い物をした後って、理想的な商…
  3. By: tec_estromberg
    ネットマーケティング界隈で近年よく耳にする単語、DMP。ぼんやりイメージはあるけど実際のところどんな…

注目記事

  1. By: Maria Elena
    前回は「6 Ways To Send Emails Your Customers Will Love…
  2. By: FromSandToGlass
    いつものメールを読者にとっての「読む価値のあるメール」にランクアップさせるテクニックを紹介していきま…
  3. By: Polycart
    ネットショップのイメージアップを図って、リピーターを増やすためのこのシリーズ。 前半ではお買い物の…
ページ上部へ戻る